上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ここは、垣根で区切られて、いろんなスタイルのお庭があるんです。

「結び目」という意味のKNOTというお庭。
刈り込んだ低木が結び目模様です。



歴史の古いスタイルもあるんです。

ここ「トピアリーガーデン」は、
起源はギリシャ・ローマ時代だそうです。
起源やスタイルは世界あちこちのようですが、
英国式庭園というだけあって、
広めて定着させたのがイギリス人ということのようです。
ベルサイユ宮殿のようなお庭も、
その人気はイギリスに渡り、進化していったのでしょう。



庭の設計だけでなく、成長することを計算して、
なぜその植物がそこに植えられているのか、
全てに意味があるそうです。
すごいです。






へえー。ここは秘密なんだ・・・
Secret

TrackBackURL
→http://candle9.blog.fc2.com/tb.php/311-2a8b27c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。