上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

tomos の横島先生の作品。
灯すとアイヌの紋様が浮かび上がるようになってます。

この年輪とヒノキのような香りが、富良野を思い出させます。

東京都庭園美術館に行ってきました。

平日は撮影可能で、金曜日は夜遅くまで開いているとのことで、
狙って行きました。
後にも先にも、平日夜に仕事がないのは年に数日間。
チャンスでした。

何が狙いって大好きなラリックのガラスです!

ルネラリックのお得意ですね。
ほそながーい女性像のガラスのレリーフ。


大食堂のシャンデリアのは、ザクロやパイナップルのレリーフになってます。

植物の葉が歯車のようになっていて、花の部分には電球がはめ込まれてます。

アールデコ建築や装飾については、大変興味深いところ。
今から100年ほど前にヨーロッパで席巻したものとはいえ、
なぜこんなに惹かれるのでしょうね。
ガイドを聞き入り、くまなく見入り、時を忘れて堪能しました。
Secret

TrackBackURL
→http://candle9.blog.fc2.com/tb.php/654-0a991776
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。