上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暑い暑いと言っても始まらん。

ここは、とある雑貨屋さん。
壁一面の本棚が見ものです。


本は全てアンティークなものばかり。
イギリスで買い付けてくるそうです。
中には、背表紙裏表紙に買った場所や日付が書いてあったり、持ち主?の名前が書いてあったり、メモがはさまっていたりするものも。
とても生活感がある古書です。
日本でいうと、神保町の古本屋さんにありそうな品ですかねー。
本はご覧の通り、ジャンルなどで分けられているのではなく、色で分けられてます。
スタッフさんによると、お店屋さんやスタイリストの方が飾りとして買いに来るそうです。
そう、ディスプレイ用です。
いつも本を選ぶ時はもちろん中身で判断しますが、この本は色、厚さ、大きさ、表紙などの絵や字、挿し絵、そして値段で選びます。
でもついつい中身を読んでしまいます。
しかしそんなことしてたら、一向に前に進まないんですよね。
お泊りするかー?
っていう中から、スタイリングして数冊を持ち帰ろうと思ったところ、スタッフさんが一緒になって選んでくれます。

棚からたくさん出して来てくれて、所狭しとあちこちに置いて選びます。
割り切って外見だけで本を選ぶって、初体験。
もちろん、私も撮影のワンポイントに、と思って買いにきました。
私の戦利品は、ちゃんと撮影したら公開しまーす。
やっぱり選ぶのは、好きな色に…
Secret

TrackBackURL
→http://candle9.blog.fc2.com/tb.php/692-d4c8f50c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。