上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大好きな大好きな北海道。

今回は母と母の姉とその娘の4人での旅となりました。
北海道が初めてという叔母と従姉妹に喜んでもらえれば、と、ハズレのない時期を選び王道のコースでした。
北海道には何度も訪れてはいるけれど、ラベンダーを狙って7月に訪れたのは14年ぶり。

これを目の前にしちゃうと、年寄り二人放っといて、カメラカメラ。


期待は裏切らないねー。
今年は6月に雨が少なく花が傷んでないそうで、かなり上質な早咲きのラベンダー。
富良野の新名所、カンパーナ六花亭ではぶどう畑の丘からの壮大な眺めに感動。

美瑛の「パッチワークの丘」もドライブ。


美馬牛の「四季彩の丘」を始め、夕陽の綺麗な新栄の丘なども堪能。



夕陽に照らされ、黄色がキラキラ。
菜の花畑ですよー。

次回も続きます。
もう少しお付き合いください。
日頃の食事作りも、ちょっとしたアイディアをいただくとまた視点が変わり、楽しくなる。
友人から貴重なアイディアをいただいてから、我が家の食卓も少し変化が。
そういう刺激は大歓迎。
ついでに豆皿という世界に触れてみた。

先月渋谷Bunkamuraでやっていた、「きんしゃい有田豆皿紀行」という展示会に、その友人と行ってみた。
芸術的な豆皿がたくさん並んでいました。
見せるだけでなく、購入できるのがまた良い!!
何枚かおうちに連れて帰りました。
そして、本も購入。
なんだろうなー、この上品さ。
センスを磨くひとつの手段ですかね、飯田先生!
お料理の写真はほぼ撮ったことがなかったのですが、この豆皿さん達は想像力がかりたてられます。
さて、何をのせようか、アレが良い、コレはどうか!
キャーキャーと話は弾みます。
先ほどの友人からの伝授もあり、作れるものでやってみた。



いやはや、食べる目的というより、もう撮影のためですね。
とても楽しいのです。
お皿からお料理のイメージをわかすというのは、まるで脳の血流が逆流してるみたい。
更にまた刺激をいただかなくては!
ムフッ。
2016.07.16 カラフル 
キャンドルとクレイで作るマカロンのワークショップを行いました。

小学生を含む6名様のご参加でした。
ありがとうございましたー!!
楽しかったですねー。
ワイワイ…

キャーキャー

何色にしよう…

それっぽくなってきたー…

見て見て!

どうどう?

マーブル、いーじゃん!

全員集合です。

今回は、ご自宅でもすぐに作れるように、マカロンは材料をキットでお土産にしました。
キャンドルはすぐに灯してくださり、写真も送ってくれました。

嬉しいです。
またのお越しをお待ちしてます。
またお会いしましょう!
ありがとうございました。
古いiPadが
速度が遅いとか、容量が少ないとか、アレができないコレができない
とかじゃなくて
突然 ブツッと電源が切れて真っ黒 になってしまうのです。
なので、新しく買い直しました。
イマドキのは、うす~くてかる~くて、ビックリです。
記念すべき最初の記事は、大好きなgreenたちに登場してもらいましょう。
こんな爽やかで美しい色を、キャンドルで表現できないだろうか。



みどりの姫リンゴもありましたが、この後赤くなるの?

柳がぴよよーん。

君は誰?

ノックアウトです、この色といい模様といい…
ピンクの茎がたまらん!

完璧でしょう!
葉の形、模様、色は、お花より興味深い。
そして新しいiPadで見る画面は、なおさら綺麗です。
咲いているお花ではないものでも、十分に楽しいのです。

このつぼみ、後ろ側に咲いている花が咲くようですが・・・

スパイダーマンの全身タイツを連想させるのは、きっと私だけでしょうね。


このくらいなると、なんか美味しそう。


寄るな触るな!
豪快なトゲたちが言ってます。


赤い姫リンゴ。
フランスのブルターニュ地方では、姫リンゴで作られたシードルが有名ですね。街路樹も姫リンゴの木でした。
マットな赤に、とても惹かれました。


やっぱりクレマチスの花後かな~。


これ、ニセモノじゃないよ。
本物だよ!

私の技術ではまだまだとらえ切れませんが、お花だけでなく、つぼみや実、そして花後という楽しみを見つけたここ最近。
自然の面白い造形を、ファインダーを通して観察です。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。